インプラント治療、ホワイトニング治療、審美歯科治療ならお任せください。 – 島根県浜田市の歯医者

診療内容

  • HOME »
  • 診療内容

失った歯がよみがえる!インプラント治療

大事な歯が無くなってしまった場合、義歯やブリッジでかめるようにします。でもどうしても歯と同じようにはなりません。義歯の場合は歯があった時の3分の1の力でもかめないこともよくある話です。
でも、インプラント治療をすると、歯がよみがえった様によくかめる様になることも夢ではありません。なぜならインプラント治療は、人工の材料を使った再生医療なのです。他の治療では絶対に味わえないほどの良い点があります。

こういう方にはインプラント治療がお勧めです。

  • 入れ歯が動いて良くかめない方や不快感を持っている方
  • 入れ歯を着けたり外したりするのが煩わしい方
  • 入れ歯だと発音や審美的な面で問題のある方
  • 前歯や奥歯が1本か数本抜けたままの方
  • ブリッジをするために健康な歯を削りたくない方
  • 歯周病を気にしており、残っている歯を大切にしたい方

それではインプラント治療について、ご一緒に勉強してみましょう。

歯を失う原因って?

9割以上の原因はむし歯と歯周病です。

大きなむし歯の場合、残してもかめるようにするのが不可能で、治療すら無理な場合があります。治療ができても、大きなむし歯になると神経を取って、土台を立てて被せをする事になりますが、負担に耐えられず歯の根っこが折れたりして抜歯することになっていまいます。
また、歯周病が進むと、全くむし歯のない歯でも根っこから抜けてしまいます。
高度成長期まではむし歯で歯が無くなることが多かったのですが、生活環境や皆さんの意識の変化、歯科医療の普及等により、むし歯がだんだん少なくなり、最近では歯周病で歯を失う割合の方が多くなってきました。

歯を失った時の治療の種類は?

ブリッジ、義歯、インプラントの3つが考えられます。

ブリッジ

失った歯の周りの歯を削って、歯のない所も一緒につないで入れる方法です。周りの歯を橋げたにして、橋をかけるように治療するのでブリッジ(英語で橋の意味)と言います。

義歯(入れ歯)

いわゆる入れ歯の方法です。残った歯にバネをかけて入れる部分入れ歯と、歯が無くなった時に入れる総入れ歯があります。

インプラント治療

骨の中に人工の歯根を手術で入れて、その上に歯を作る治療で、人工のものを使った再生医療です。失ったものを修復する治療のブリッジや義歯とは全く違う意味合いを持ちます。

それぞれの治療の利点と欠点を教えて下さい。

ブリッジ

■利点

  • 義歯のような違和感がありません
  • 固定式なので、義歯よりもよくかめます。(しかし土台の歯を守るためにかむ力は落として作るのが通常です)
  • 保険治療も可能です。(設計や、材質によっては保険が効かない場合もあります)

■欠点

  • 歯の無くなり方によっては、設計上ブリッジの治療が不可能なことは多々あります。
  • 土台になる歯を被せにしないといけません。そのためには土台になる歯が健康であっても、削らないといけません。
  • 歯の無い所の力も併せて土台の歯にかかるために、土台がダメになることがあります。
  • 歯の無い所の下が不潔になり、清掃がしにくい場合があります。
義歯

■利点

  • 基本的には、どんな場合も製作可能です。
  • 保険治療も可能です。(設計や、材質によっては保険が効かない場合もあります)

■欠点

  • かむ力はかなり落ちます。総義歯の場合、3分の1ぐらいの力でかめれば良い方だと言われます。歯でかむのとは、ほど遠い状態になってしまいます。(特殊な義歯でかむ力を増すことができる場合もありますが、残念ながら歯と同じようにはなりません)
  • 床やバネがつくので違和感が出やすい
  • 部分入れ歯の場合、バネのかかった歯に負担がかかって、ダメになることがあります。
  • 入れ歯で覆われた所が不潔になりやすく、虫歯になったり、歯肉が炎症を起こしたりすることがあります。
  • 口全体を覆われるので、味や熱を感じにくくなる。唾液も出にくくなる。
インプラント

■利点

  • ほぼ歯と同じようにかめるようになります。
  • 他の歯を削ったり、負担をかけたりしません。逆に他の歯を守ることになります。

■欠点

  • すべて自費治療です。ただ、その価値観を考えてみてください →参照(自費治療は高い? 〜良くかめる編〜)
  • 手術が必要ですので、体調面から親知らずの抜歯程度の手術ができない方は、インプラントの手術もできません。
  • 骨の中に人工の歯根を入れますので、骨自体の厚みや強さによっては治療が不可能なことも多々あります。きちんとした診断が必要です。
  • 期間がかかります。→参照(Q&A:どのくらい期間がかかりますか?)

参考 欠損補綴の比較一覧表

  ブリッジ 義歯 インプラント
かむ力の回復 △〜×
他の歯への負担 △〜× ○〜△
適用例 すべて可能 できない場合もある できない場合もある
費用 保険も可
自費(かむため)
保険も可
自費(見た目)
自費のみ

インプラント治療って、どんな治療?

失った歯の根(歯根)の替わりなる人工の歯根(インプラント)を手術で骨の中に入れて固定し、その上に人工の歯を作る再生医療です。

  1. 抜歯をした直後であれば、基本的には骨がきちんと治るまで3ヶ月から6ヶ月待ちます。
  2. 手術で人工の歯根の部分を骨に固定します。そのご骨と人工の歯根が完全にくっつくように3ヶ月から6ヶ月待ちます。
  3. インプラントに土台をつけて、その上に人工の歯を作ります。

 

重要:パール歯科での取り組み

パールし歯科には「歯科用CT装置」があります。インプラントを計画する場合に、必ず歯科用CTで安全性を確認して手術を行います。

通常の手術法に加えて、骨の幅が狭く、通常ならインプラント治療が無理な場合などに用いる、骨を広げて拡大する特殊な手術法(大口式手術法)など、色々なケースに対応する技術を取得する努力を続けています。

 

インプラントの料金は?

手術の時と、上の歯を入れる時の2回に分けて料金がかかります。

診断費用
簡易診断 無料 院内のレントゲンを使った平面での診断です。
精密診断

場合によって5250円 

パール歯科内の歯科用CTを使って診断をする場合は基本は無料ですが、診断計画のみの場合は、診断料をいただくことがあります。
手術費用

1回の手術料

 (オガインプラントなどの非切開手術)

 通常手術(切開手術)

*同時に行う特殊手術(必要に応じて)

 

105,000円

157,500円

52,500円〜

それに加えて インプラント一本に付き

 通常のインプラント

 (オガ・インプラント)

 

84,000円

52,500円

同時に入れる仮の歯 一本に付き 10,500円

※手術法の違いは、インプラント手術 3つの種類とその方法 のところで解説しています。

※例えば1回の通常手術で2本のインプラントを入れる通常の手術の場合は
157,500円+(84,000円×2本)= 325,500円 になります。

歯を入れる費用

土台 一本 52,500円
金属の被せ 一本 36,750円
ハイブリッドセラミックスの被せ 一本 47,250円
ゴールドの被せ 一本 51,450〜57.750円
オールセラミックの被せ 一本 63,000円

※土台+被せの費用になります。見た目が白くなくても良ければ、金属の土台52,500円と金属の被せ36,750円の組み合わせで、一本89,250円になります。 力のかかる奥歯の場合はゴールドの被せが最も安心できる材料です。

通常手術の場合の概算費用
  • 最小限の費用を計算すると、手術料157,500円に加えて、見た目が金属で良ければインプラント料84,000円+土台52,500円+金属の被せ36,750円で、インプラント1本あたり173,250円になります。ただし、特殊手術併用の場合や、被せの材質によりそれ以上の金額になりますので、あくまで参考のための最小限の費用計算です。
  • インプラント1本     157,500円 + 173,250 × 1 =330,750円
    インプラント2本     157,500円 + 173,250 × 2 =504,000円
    インプラント3本     157,500円 + 173,250 × 3 =677,250円
  • 前歯の場合はオールセラミック冠がきれいだと思います。臼歯の場合はハイブリッドセラミックスで白くする場合が多いです。
いろいろ別れていて料金が解りにくいですね。きちんと診断して、金額の相談をした上で治療を始めますので、お気軽にご相談下さい。

安心のための配慮

パール歯科では、安心してインプラント治療を受けて頂けるように、以下の3つのことを配慮しています。

  1. 国内のインプラントを採用
    インプラントのメーカーはたくさんありますが、当院では国内の製品で、実績の高いものを採用しています。現時点ではとプラトン社製のインプラントを主に使用しています。外国製の場合は、突然会社が供給を停止し、その後の対応が難しくなったということが過去にありました。長く使って頂くのに、そんなことがあっては絶対にいけません。また外国製の場合、ネジなどの精度が日本製のものに比べて明らかに劣っているものがあるのもありました。そういう判断のもとで、今のシステムを採用しています。
  2. 保証システム
    インプラントは実績としては被せやブリッジ以上に長持ちするといわれていますが、人工のものですからトラブルが絶対にないとは言えません。パール歯科では保証のシステムを導入しています。
    インプラント体は5年以内にトラブルがあるようなら、再手術、別の治療、返金のいずれかで対応したいと思います。患者さんと話をさせて頂いて決定致します。
    上部構造(被せ)は、長く使っている間にすり減ったり、かけたりすることもありますが、事故とかでの破損でない限り、通常の5年以内のやり直しは無料で行います。
  3. 無理な手術はしない
    私は外科のプロでもインプラント専門にかなりの数をこなしているわけでもありません。自分の実力は把握していますので、難しい症例に無理をしてチャレンジすることはありません。私が手術するより難しい手術ができる専門医に任せた方が望ましいと考えた場合は、紹介をさせて頂くようにしています。主な紹介先は広島大学と江津市にあります西部島根心身障害医療福祉センター(島根整肢学園)です。
PAGETOP
Copyright © パール歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.