島根県浜田市の歯医者 パール歯科です。インプラント、ホワイトニング、審美歯科治療などお任せ下さい。求人情報もあります。

無料メール相談受付
島根県浜田市の歯医者 パール歯科のロゴ 島根県浜田市の歯医者 パール歯科の住所など
診療内容 医院案内 料金表 予約について 患者様からの声 求人情報

むし歯予防にフッ化物を使おう

むし歯予防は歯みがきが大切なことは、耳にたこができるぐらい聞きますよね。 でも歯みがきを熱心にしていてもむし歯になる人もいれば、全然歯みがきしないのにむし歯にならない人もいます。何故でしょう。

どうしてむし歯になるのかを知れば、むし歯の予防ができます。

むし歯に関係する4つの要素があります。 (1)ミュータンス菌などのむし歯菌、(2)糖分、(3)時間、(4)歯の質です。

歯の脱灰と再石灰化

ミュータンス菌などのむし歯菌は糖分を取り込んで酸を出します。この酸によって歯の表面のカルシウムが溶け出します。これを歯の脱灰と言います。溶け出したカルシウムは唾液で酸が洗い流されると再び歯に戻ってきます。これを再石灰化といいます。問題は脱灰と再石灰化の時間で、脱灰する時間が再石灰化の時間を上回ると歯はだんだんと修復不可能な穴になっていきます。これがむし歯です。

4つの要素とむし歯予防の方法

1.ミュータンス菌などのむし歯菌

虫歯菌の多さには個人差があります。歯みがきをしなくてもむし歯になりにくい人の中には、むし歯菌がほとんどいないという人がいます。むし歯菌は保護者、主に母親から移ることがほとんどです。

予防の一番の方法は歯みがきということになります。歯と歯の間をフロスなどで清掃することも大事です。これらをプラークコントロールといいます。

むし歯菌がすごく多くてリスクの高い人の場合は、3DS治療(リンクが必要)などでむし歯菌を減らすことが有効な場合もあります。

2.糖分

むし歯はむし歯菌が糖分を取り込んで酸を出すことから始まります。糖分の摂り方が問題となります。でも糖分を全く摂らないことはできません。おやつや糖分の入った飲み物の頻度や量を意識することが大切です。このことをシュガーコントロールといいます。

またキシリトール、ステビアなどのむし歯にならない糖分を用いたむし歯になりにくいものを使った食品や飲み物もむし歯予防に有効です。

3.脱灰と再石灰化の時間

むし歯は脱灰の時間が再石灰化の時間を上回らないとできません。生活習慣が大切なのです。糖分の入ったものをダラダラ口に入れることと、寝る前に糖分を摂るのが最もいけません。寝ている間は唾液で歯が洗い流されませんので、再石灰化が起きにくいからです。

4.歯の質

歯が弱いから、むし歯になりやすいといわれる方が良くおられます。でも歯の一種の奇形であるエナメル質形成不全とかがない限り、私はむし歯になりやすい歯というのは無いように思っています。むし歯になりやすいのは(1)〜(3)の問題であるのがほとんどだと思っています。

ただ虫歯になり食い歯の質にすることは可能です。それがフッ化物です。

フッ化物は脱灰したカルシウムの部分に入り込み脱灰しにくい歯になります。これはWHOも認めたむし歯予防の優れた方法です。


日本はフッ化物の応用の普及が遅れているために、すっかりむし歯予防後進国になってしまいました。日本より歯みがきをせず、糖分もたくさん摂っているのにむし歯の少ない国が沢山あります。フッ化物を上手に使っているからです。

フッ化物応用の方法

フッ化物の応用にはいくつか方法があります。

1.フッ化物の塗布(フッ素塗布)

集団検診や、歯科医院などで良くやっている方法です。高濃度のフッ化物を専門家が直接歯に塗布します。半年ごとのフッ化物塗布はとても有効です。

2.フッ化物洗口

至適濃度のフッ化物が入った水で30秒間から1分間お口をすすぐ方法です。毎日やる方法と週一回やる方法があり、どちらも同等に効果があります。学校など集団でやる場合は週一回法が一般的です。家庭でやる場合は習慣づけのため毎日方が良いと思います。永久歯が出始めから中学校卒業するまでフッ化物洗口をすると、むし歯は半分ぐらい減らせると思います。

3.フッ化物含有歯磨剤の使用

諸外国では当たり前のことなのですが、日本ではあまり意識されていません。フッ化物が入った歯磨剤で1日2回は磨きをするだけでも、むし歯予防に効果があるのですよ。

4.水道水のフッ化物濃度コントロール

水道水のフッ化物の濃度を1ppm位にすることはむし歯予防にすごく効果があります。濃度が高すぎても歯や骨が硬くなり過ぎたり、問題が出たりするので、濃度のコントロールが大切ですが、技術的には難しいことではありません。

日本ではこのことに敏感に反応し反対する人がおられるために、なかなか実現しません。フッ化物応用の中でも最も良い方法なのですが、日本では難しいかも知れません。

5.その他

フッ化物を重要視する国では、歯科医が処方してフッ化物のタブレットを服用する国もありますし、誰もが口にする食塩の中にフッ化物を混ぜる方法をとっている所もあります。

どの方法を用いるか

フッ化物はむし歯予防に有効ですが、リスクに応じて使えばいいと思っています。上の方法で効果があると思われる順に言えば、水道水のコントロール > フッ化物洗口 > フッ化物塗布 > フッ化物入り歯磨剤の応用 の順かと思います。

でも、むし歯になりやすさは個人個人で違いがあります。フッ素入りの歯磨剤だけで十分な人もいますし、是非ともフッ化物洗口をしてもらいたい人もいます。

歯科医院に定期的に通って、むし歯のリスクに応じたフッ化物応用の方法を相談してみるのが大事だと思います。