治療の流れ
こだわりの取り組み
治療の始まりから治療後までの流れ

私たちは、痛い歯を削って治すだけことが大切だとは考えていません。患者さんの歯を治すだけでなく、歯の大切さを理解していただき、患者さんの歯を守るお手伝いもさせていただきたいと考えています。そのために、以下のような流れで治療をすすめたいと考えています。
1.主訴の治療(お困り事の解決)
このステップはまず患者さんが今お困りのことを中心に、それを解決する治療です。
初診の時は、患者さんがお困りのことをできるだけ詳しく聞きたいと思っています。それが解決するか、方針のお話しができなければ、どんな治療をしても意味無いですよね。治療法に大きな選択肢のない虫歯の治療や、簡単な歯周病治療などは、このステップだけで治療が完了することもあります。逆にお困り事の解決だけでも、患者さんが思っていらっしゃる以上に難しくて、次のステップにいかなければ解決しない場合もあります。
この以下の治療はこのステップだけで治療が終了するかもしれません。
● 部分的な虫歯の治療
● 被せのやり直し
● 通常の義歯作成
● 簡単な歯周病(歯肉炎)治療
● ホワイトニング治療
2.お口の中全体の検査
患者さんに治療法についていろいろお話しする必要がある時には、お口の中全体の状態を調べるための検査を行います。検査内容につきましては、レントゲン検査、歯周病の進行度検査、等に加えて、パール歯科では必要に応じて咀嚼能力(かむ力)検査、お口の中の写真撮影、模型作成の為の型取り、細菌を調べる顕微鏡検査などを行います。
3.検査の説明と治療計画(オリエンテーション)と患者さんの同意
患者さんが思っていらっしゃる以上に治療が難しい場合や、治療法によってその結果に大きな差が出るような場合は、このステップが大変重要です。できるだけ時間をとりたいと思っています。中途半端な気持ちで長く治療が続くと、患者さんの不満も出てくると思いますし、お互いにストレスが溜まり、良い結果にはなりません。このステップでじっくりお話しすることが大切だと思います。
説明を聞いた上で、患者さんの同意を得たうえで治療を進めることを、私たちは大切にしています。
4.全体的な治療

患者さんに御同意いただいた治療計画に沿って、私たちが患者さんのお口の中の状態をベストに持って行けるように考え、その状態に近づける治療です。
この以下の治療はこのステップが重要だと思います。

● 全体のかみ合わせに関係する虫歯の治療
● かみ合わせ自体の不具合の治療
● 難しい義歯作成、治療法によって違いの出る義歯の作成
● 進行した歯周病の治療
● インプラント治療
● 全般的な審美歯科治療
● その他、治療法によって結果に違いが出そうな全体的な治療

5.終了状態の説明と保守計画(ケア・オリエンテーション)
治療が終了した後の終了状態で、今後の虫歯や歯周病の危険度(リスク)のお話し、お口の健康を保つための保守(メインテナンス)のご提案をします。
6.ケア型の治療(メインテナンス)
希望される患者さんに保守計画に沿ってメインテナンスを行います。パール歯科では、このステップがとても大事だと思っています。
きればずっとこの治療だけをしていけるように、患者さんと一緒にお口の中を看させて頂きたいと思います。
PAGE TOP